ガス乗り換えは割高になることもあるので注意が必要

subpage01

ガス会社を変更するのは面倒なイメージがありますが手続きは10分もあれば完了し、工事なども必要ないので簡単です。

ターゲットに応じたガスの乗り換えの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

会社を選んで料金プランを比較してどこに乗り換えるのかを決めるだけなので、わずらわしい手間はありません。


ネットからなら住所などの個人情報や今現在契約しているプランなどを入力するだけなので、通販で買い物するような感じで手軽にすることが可能です。



しかし注意することがあり、利用状況によっては割高になる場合があります。
ガス自由化で会社の乗り換えができるようになったことで、料金がお得になる可能性が高いです。ただ全ての世帯がお得になるわけではなく、逆に今よりも料金が高くなることも少なくありません。
乗り換えで料金が高くなるのは使用量が極端に少ない世帯で、一人暮らしで家にあまりいない人は注意が必要です。



一般的な一人暮らしの世帯でも多くの場合はお得になるのですが、使用量が極端に少ない人は高くなることがあります。


設備に応じた割引プランを利用している人などあらかじめ安い料金を設定している人も、割高になる可能性が高いです。
最近の戸建て住宅で人気の都市ガスを使って電気とお湯をつくる設備がありますが、こうしたお得な料金プランを利用している人も乗り換えで割高になりやすいです。

ガス発電用のプランは今のところ新しい会社からは出ていないので、乗り換えてしまうと年間でかなりガス料金が上がってしまう可能性があります。床暖房を設置している場合も割高になる可能性が大きいです。