トリキュラーで安全に避妊対策をしましょう。トリキュラーは日本人にあった低用量ピルとなっていますので、ピルを初めて使う人や服用習慣がない人でも比較的使いやすいです。トリキュラーについて説明していくので参考にしてみてください。

トリキュラーの平均金額、40代以降の服用

トリキュラーは日本で特に支持されているピルの1つです。
ピルには高用量・中用量・低用量と含まれているホルモン剤の量で、タイプが分かれています。
トリキュラーは低用量タイプのピルです。
低用量ピルはホルモン剤が最小限に抑えられている為、服用しても急激に体内の女性ホルモン量が変わりません。
一気に女性ホルモン量が多くなると、体がその変化についていけず、頭痛や吐き気などの副作用を強く感じます。
トリキュラーを初めとする低用量ピルは、ホルモン剤の量が抑えられている為、服用しても副作用が起こり難い点が特徴です。
また、トリキュラーは三相性ピルといって、服用する錠剤に含まれているホルモン剤の量が、3段階に分かれています。
自然なホルモンバランスとなるよう、少しずつホルモン剤の量を変えているので、特に副作用が起こり難いとして支持されているのです。
気になる金額ですが、クリニックによって違うものの平均して約2500円から5000円程度で購入が可能です。
避妊だけでなく最近は更年期障害の解消にも、トリキュラーは用いられるなど、多くの女性が服用しています。
ただ、40代以降の方が服用する際は、注意が必要です。
ピルは血栓症を引き起こす、リスクが高くなるという副作用があります。
女性ホルモンのエストロゲンは、血中のコレステロール値を上げる作用があり、心筋梗塞や脳梗塞など血栓症を引き起こすリスクが高まります。
ピルを服用するとエストロゲンの量が増える為、血栓症を引き起こしてしまうケースも考えられるのです。
40代以降は加齢によって元々、血栓症を引き起こしやすい状態です。
ですので、ピルを服用する際は定期的に血液検査をし、血栓症のリスクが上がっていないかチェックしましょう。