トリキュラーで安全に避妊対策をしましょう。トリキュラーは日本人にあった低用量ピルとなっていますので、ピルを初めて使う人や服用習慣がない人でも比較的使いやすいです。トリキュラーについて説明していくので参考にしてみてください。

トリキュラーと人気とモーニングについて

人気のトリキュラーは、モーニングアフターピルとは異なります。アフターピルは低用量ピルとは違って、避妊に失敗したときにのみ服用するタイプになります。女性ホルモン剤のピルですが、中容量のタイプになります。早急に飲むことによって排卵を遅らせますし、子宮内膜への着床を阻害します。

トリキュラーのように規則正しく定期的に服用して排卵を抑制するピルとは違って、中容量ピルになるので副作用も多少は感じやすくなります。緊急用なので急激にホルモンバランスを変化させて効果を発揮します。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの働きで、望まぬ忍品を回避するのが、低用量ピルのトリキュラーです。正しい服用を継続することで、ほぼ100%の避妊効果を発揮します。避妊できる効果とともに、お薬を飲み続けていることで、毎月の月経は28日周期という安定した周期に整うことになります。

それでも医薬品ですので、安全性を考慮するべきこともあります。安全性と飲み忘れをしないことは、重要ポイントです。基本的に必ず毎日飲むべき医薬品であり、その点が出来ていればあまり問題にはなりません。でも飲むのを忘れてしまったら、その時は時間との戦いです。

もし飲むことを忘れ、時間が12時間以上経過したら、性交渉による避妊効果は下がります。トリキュラーの医薬品は2つのパターンがあります。それは21錠のシートと、28錠のシートです。自己管理がパーフェクトな人だったら、21錠でもいいでしょうが、多くの場合は忘れることは考えられるために、28錠を選択することです。

最初から28錠のシートを選んでおけば、トリキュラーを飲むのを、忘れることはないからです。飲み忘れにしても、気がつきやすいです。