トリキュラーで安全に避妊対策をしましょう。トリキュラーは日本人にあった低用量ピルとなっていますので、ピルを初めて使う人や服用習慣がない人でも比較的使いやすいです。トリキュラーについて説明していくので参考にしてみてください。

オギノ式よりトリキュラーの方が太りません

毎月生理習慣のある女性にって、異性との性交渉では、妊娠する確率はゼロではないので、子供を持つ意思がないのであれば、必ず避妊をしなければなりません。簡単な避妊方法としては、昔ながらのオギノ式も有効ではありますが、オギノ式では完璧に避妊できるというわけではなく、また生理不順の方には当てはまりません。避妊のためというよりもむしろ、妊娠しやすいタイミングを図るためにオギノ式を使うほうが適しており、より避妊成功率を高めたいと考えているのであれば、やはり低用量ピルの服用が望ましいでしょう。近年では、諸外国に遅ればせながら、我が国においても低用量ピルが解禁となり、副作用のリスクを抑えることができ、より安全にピルを服用できるようになっています。一昔前のピルは、ホルモン量の多いタイプだったので、太りやすくなってしまう女性も多く、避妊はしたいけれども身体がむくむのが嫌だと敬遠されがちでしたが、近年の低用量ピルでは、そのようなデメリットも少なくなってきているので、身体に負担を感じることなく利用できます。お勧めの低用量ピルでは、トリキュラーの名を挙げる方が多く、日本の婦人科クリニックでも、最も多く処方されている低用量ピルです。トリキュラーは、三相性のピルと呼ばれており、女性の身体が本来持っている自然なホルモンバランスに近づけてあり、段階的にホルモン量が変化していくようになっています。その為、ピルを服用し始めに起こりやすい不正出血も起こりにくく、初心者でも扱いやすいピルだといわれています。ただし前述したように、錠剤に含まれるホルモン量が徐々に変化するようになっているので、順番通りに飲まずに飲み間違えてしまうと、避妊効果が得られないので注意しましょう。